• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

全体的に適当で稀に超真面目な外道が綴る日々

旅する宇宙

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

【考察】Elemental Overload

 久しぶりにPoEをプレイするとAct 4の実装や新Skill、AscendancyやJewel等といった新要素が追加されていた。

 そこで今回は新SkillのElemental Overloadという少しユニークなPassive Skillの有用性について考察していく。










 『Elemental Overload』

 40% more Elemental Damage if you've Crit in the past 8 seconds

 No Critical Strike Multiplier

 (Elemental Overload - Official Path of Exile Wikiより引用)





 過去8秒間にCritical StrikeしているとElemental Damageが40%多くなるが、装備やSkill等で追加されたCritical Strike Multiplierが無くなる。つまりは装備やSkill等ではCritical Strike Multiplierを増加することができなくなる上に、Critical StrikeしてもCritical Strike Multiplierは乗らないようになるので、このPassive Skillを取得するならCritical Strike Multiplier系の装備やSkill等は必要性がなくなる。

 Elemental Overload - Path of Exile 攻略Wikiより参照










 『Damage対比とElemental Overloadの維持』

 Attack per Secondeは初期状態でも1以上あるけれども、今回は計算しすさ等を考慮してAPSは1(1a/s)とする。つまり1回殴るのに1秒掛かるという仮定で計算。

 Damage per Secondeも計算しやすさ等を考慮して基本Damageは割合の100%とする。つまり初期Damageは100%という仮定の数値で計算。





 上記を踏まえてまずはElemental OverloadのDamageを計算していく。

 このPassive Skillの特性上、過去8秒間に一発でもCritical Strikeできれば延々と40% more Elemental Damageの効果が得られる。よってElemental Overloadを維持した8秒間のDamageは次のようになる。

 (100 + 40) * 8 = 1,120(%)



 これを維持するためにCritical Strike Chance 20%と仮定し、Elemental Overloadがしっかり維持できるのか60秒間に収めて計算してみる。

 過去8秒間なのでそれを60秒で割ってあげる。

 60 / 8 = 7.5(回)



 Critical Strike Chance 20%なので60秒で掛けてあげる。

 0.2 * 60 = 12(回)

 一見Critical Strike Chance 20%でも十分なように見えるが期待値を計算すると足りていないことが分かる。

 60秒間に1~12回はCritical Strike Chanceがあるので、

 1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10 + 11 + 12 = 78

 78 / 12 = 6.5(回)となる。

 この期待値ではElemental Overloadを維持することは難しい。



 ではCritical Strike Chance 25%の場合なら7.5(回)を超える期待値が得られるかな?

 0.25 * 60 = 15

 (78 + 13 + 14 +15) / 15 = 8(回)と何とか超えることができた。

 因みにCritical Strike Chance 30%なら9.5(回)とElemental Overloadの維持に安定間が得られそうだ。





 次にCritical Strike Chance 20%は同じにCritical Strike Multiplier 240%(150 + 90)でElemental OverloadとDamage対比をしていく。

 まずはElemental Overloadと同じ条件で8秒間にCritical Strikeが出る回数を求める。

 0.2 * 8 = 1.6(回)

 そして8秒間からCritical Strikeが出る回数を引いた数値が通常Attackの回数になる。

 8 - 1.6 = 6.4(回)



 あとはそれぞれの数値を用いてDamageを出す。

 ((100 + 240) * 1.6) + (100 * 6.4) = 1,184(%)

 Damage対比に関してはElemental Overloadを維持できるならCritical Strike Multiplier 240%との差は少ない。










 『Elemental Overloadの有用性』

 数値も出揃ったところで実際どうなのよ?って話になるけど、端的に言うとビルド次第では大いに活躍できるPassive Skillではないかと思う。何故ならCritical Strike Multiplierを積まない且つMain SkillがElemental Damage主体のビルドであれば少ないSkill Pointで高い火力が望めるからであると言えよう。まあ・・・、Elemental Overloadの維持を安定させるために装備やSkillなどで多少はCritical Strike Chanceを稼がないといけないのは否めないが、それでも上記ビルドなら余剰Skill Pointを活かして柔軟に対応できると考えられる。





 ※追記

 計算式で使用した40という数値について。

 これは既に基本Damageは割合の100%に40% more Elemental Damageの40%を乗算して出した数値である。

 moreは乗算なのでそのまま40%を足して計算はしておらず、わざわざ計算式を書くのも面倒だったので省いてしまいました。


関連記事
スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. Path of Exile
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

tw_icon_15.png

ヒツナシ

Author:ヒツナシ


当ブログへようこそ!!

老舗MMORPGのリネージュを中心に国内外のゲームを雑食的にプレイしつつ、そのゲームライフを記事にすることでゲームの素晴らしさが伝われば嬉しいですね。





リンクはフリーとなっております。

相互リンクをご希望の方はメール、又はコメントでご連絡下さい。

各プロフィール

【活動中】
リネージュ
艦隊これくしょん
インペリアル サガ

【休止中】
新生R.O.H.A.N
Master of Epic
Wizardry Online
千年戦争アイギス
Path of Exile
RIFT
Heroes of the Storm
Survarium



Twitter
Facebook
Steam
Twitch
Twitch Live

検索フォーム

ブログパーツ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

著作権表記

当ブログで掲載している画像の無断転用を固く禁じております。


【リネージュ】

Lineage® and Lineage Eternal Life® are registered trademarks of NCSOFT Corporation. Copyright © 1998 NCSOFT Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute, and transmit Lineage Eternal Life in Japan. All Rights Reserved.




【新生R.O.H.A.N】

Copyright 2016 R.O.H.A.N by WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved.Copyright 2005-2016 R.O.H.A.N by PLAYWITH Corporation. All Rights Reserved.




【Master of Epic】

(C) Willoo Entertainment Inc.(C) Konami Digital Entertainment




【テイルズウィーバー】

Copyright © 2009 NEXON Korea Corporation and NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.




【Wizardry Online】

"Wizardry®" of GMO Gamepot Inc.All rights reserved.Wizardry Renaissance™ ©2009 GMO Gamepot Inc.All rights reserved.




【艦隊これくしょん】

©2015 DMM.com POWERCHORD STUDIO / C2 / KADOKAWA All Rights Reserved.




【RIFT】

©2016 Trion Worlds, Inc. Trion, Trion Worlds, RIFT, Glyph, and their respective logos, are trademarks or registered trademarks of Trion Worlds, Inc. in the U.S. and other countries. The ratings icon is a registered trademark of the Entertainment Software Association. All other trademarks and logos belong to their respective owners. All rights reserved.




【Heroes of the Storm】

©2016 Blizzard Entertainment, Inc.

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。